投稿日:2022年6月3日

電気工事で欠かせない照度測定について

こんにちは!千葉県野田市を拠点に、電気工事や電気設備工事などに取り組んでいる有限会社アラ電気です。
電気工事で欠かせない工程の1つに、照度測定というものがあります。
オフィスや工場で使用する照明器具が、既定の明るさになっているかを確かめる工程です。
今回は電気工事では必須の照度測定についてご紹介いたします。

照度測定とは


照度測定とは、照明器具に規定以上の照度があるかを測定する検査のことです。
オフィスや工場など人が作業する空間に使われる照明設備は、一定の照度に保つことが義務付けられています。
一般照明や非常照明など照明器具ごとに規定の明るさが決められており、それを満たしていない照明は規定に沿った照明に変えることが必要です。
また、点検を行う頻度は6ヵ月に1回と定められています。

照度の推奨値

照度は光で照らされている面の明るさの度合を指し、ルクスという単位で表されます。
そして、作業内容や空間の用途によって、ルクスの推奨値も設定されているのです。
最低値については、精密な作業の場合は300ルクス、普通の作業の場合は150ルクス、粗な作業の場合は 70ルクスです。
ただ、空間全体で推奨値を維持する必要はないとされています。
例えば、デスクワークを行う机の上に必要な照度が定められている場合、床など事務作業をしないポイントは机の上と同じ照度を保つ必要はないというルールです。
また、高齢者の場合、加齢によって網膜に届く光量が減っていきます。
そのため、より高い照度が必要になる可能性があります。
高齢者が多く集まる場所では基準よりも高めの照度に設定しておくと安心です。

省エネについて

照明設備の工事を行う際は、照度だけでなく省エネルギーにも配慮が必要です。
対象となる住宅や建築物の建築主および所有者には、建築物省エネ法に基づいて届け出義務や努力義務が課せられています。
照明設備の省エネを実現するには、LED照明などの高効率照明や高効率反射板などの設置や交換を行う方法があります。
また、照明制御システムを導入し、調光範囲を制御できるようにする方法も有効です。
さらに、階段やトイレなど使用する頻度が低い場所は、人感センサーなどを導入し、電気が無駄についている時間を削減することも重要視されています。

アラ電気へご相談ください!


有限会社アラ電気は千葉県野田市を拠点に、電気工事や電気設備工事を手掛けている会社です。
一般電気工事を行う際には絶縁試験や電圧試験などをはじめ施工後も細かくチェックを行うため、安心してお任せ頂けます。
これまで培ってきたノウハウや技術を生かしてお客様に最適な施工をご提供いたしますので、電気工事をご検討される際はぜひアラ電気にご依頼ください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

有限会社アラ電気
〒270-0237 千葉県野田市中里34-2
TEL:04-7129-4308 FAX:04-7127-0471


関連記事

《電気工事》《一般事務》スタッフ募集中です!

《電気工事》《一般事務》スタッフ募集中で…

こんにちは! 千葉県野田市の有限会社アラ電気です。 弊社は、店舗・商業施設・工場・ビルなど幅広い建物 …

業務内容のご紹介!

業務内容のご紹介!

こんにちは!有限会社アラ電気です。 弊社は千葉県野田市を拠点に活動している電気工事業者です。店舗・商 …

新年のご挨拶

新年のご挨拶

新年のご挨拶 新年、明けましておめでとうございます。 皆さまにおかれましては輝かしい新年をお迎えのこ …

お問い合わせ  採用情報