投稿日:2022年6月3日

屋内配線工事とは?どんな工事をするの?

こんにちは!千葉県野田市に拠点を構え、電気工事や電気設備工事などを手掛けている有限会社アラ電気です。
弊社で対応している工事の1つに屋内配線工事がありますが、どんな工事を行うのか疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、今回は屋内配線工事について詳しくご紹介いたします。

屋内配線工事とは


屋内配線工事とは建物内で行う配線工事のことです。
例えば、ケーブルを張り巡らせて屋内の各所で電気を使えるようにする工事は屋内配線工事にあたります。
上記のほかにも、照明器具を使えるようにする工事なども屋内配線工事に該当し、一口に屋内配線工事といってもその施工内容はさまざまです。
また、店舗やオフィス、住宅など建物のタイプによっても施工内容は大きく変わります。

コンセント配線

屋内配線工事に該当する工事の1つが、コンセント配線工事です。
分電盤から壁の内側や天井裏などにケーブルを伸ばし、電源が必要なポイントにコンセントを設置する工事がコンセント配線工事です。
コンセントの数が足りなかったり、必要なポイントになかったりすると、タコ足配線や延長ケーブルを使うことになります。
施工の際には、数や位置に問題がないかなどを入念に打ち合わせして施工に取り組みます。
この工事は新築の建物で行われることが多いですが、既存の建物においてコンセントを増設する工事を行うことも可能です。
具体的には既存のコンセント内部の配線を分岐させたり、分電盤から新たに配線を引いたりといった方法があります。
前者の方が安価で、後者は工事費用が高いため、消費電力や要望に応じて最適な施工を選択します。

スイッチプレート・照明器具

スイッチプレート配線工事は、換気扇や照明器具などのスイッチに関わる配線工事です。
ケーブルを分電盤から照明器具を通してスイッチにつなぎ、また分電盤に戻るように配線する工事を行います。
この作業により、スイッチを押すと照明をつけたり、消したりできる仕組みが構築できるのです。
また、照明器具を設置するための配線工事も屋内配線工事の1つです。
内容としては、シーリングを天井に取り付けて、そこにケーブルを配線する作業を行います。
基本的に、照明器具はシーリングをつけた位置以外に設置することはできません。
別の位置に照明を設置したい場合には、ケーブルを延長してシーリングを新たに設置するといった配線工事が必要です。

アラ電気へご相談ください!


アラ電気は、商業施設・店舗・工場・ビルを対象とする各種電気工事を手掛けています。
拠点は千葉県野田市に構えていますが、日本全国で施工を行っており、多くの地域の皆様から信頼をお寄せ頂いています。
第一種電気工事士などの国家資格を所有しているスタッフも揃っておりますので、各種電気工事がご入用の際は、ぜひアラ電気にお任せください。
ご依頼の際は、お問い合わせページよりご連絡いただけます。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

有限会社アラ電気
〒270-0237 千葉県野田市中里34-2
TEL:04-7129-4308 FAX:04-7127-0471


関連記事

《電気工事》《一般事務》スタッフ募集中です!

《電気工事》《一般事務》スタッフ募集中で…

こんにちは! 千葉県野田市の有限会社アラ電気です。 弊社は、店舗・商業施設・工場・ビルなど幅広い建物 …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

有限会社アラ電気では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサ …

新年のご挨拶

新年のご挨拶

新年のご挨拶 新年、明けましておめでとうございます。 皆さまにおかれましては輝かしい新年をお迎えのこ …

お問い合わせ  採用情報