投稿日:2022年8月3日

オフィスの配線工事で失敗しないポイントとは

こんにちは!千葉県野田市に拠点を設け、電気工事や電気設備工事のご依頼を承っている有限会社アラ電気です。
住宅だけでなくオフィスでも配線工事を行っております。
オフィスの配線工事は住宅で行われる工事とは異なるため、失敗しないように注意が必要です。
今回は、オフィスの配線工事で失敗しないポイントをご紹介します。

レイアウト


オフィスの配線工事を失敗しないためには、オフィスのレイアウトに合わせて工事することが大切です。
コンセントの位置が悪く延長ケーブルを使うことになると、オフィスが乱雑に見えてしまい、配線工事を失敗したと感じてしまいます。
また、今後社員が増えて設置する電化製品が更に必要となる可能性がある場合には、多めに電源を確保しておくのがおすすめです。
コンセントの数が足りないと、個人で対応する場合はタコ足配線をすることになってしまいます。
タコ足配線は延長ケーブルと同じく乱雑に見えるため、配線工事が失敗したと感じる要因です。
そして、改めて配線工事をするとなると、大きな費用や手間がかかります。
そのため、最初の段階でレイアウトに沿った施工を行うようにしましょう。

消費アンペアに注意

オフィスでは、パソコンやプリンターなどの電化製品を多く使います。
そして、多くの電化製品を使う際に注意しなければいけないのが消費アンペアです。
デスクで使われるパソコンの配線の多くが、太い電線の幹線から配線を分岐した分岐回路から配線されています。
分岐回路の種類によってひとつの回路で使用できる消費アンペア数が異なるため、消費アンペアに注意しないと、ブレーカーが落ちてしまうなどのトラブルが起きかねません。
オフィスで使用する電化製品に合わせて対応できるアンペアを見極めておくことで、配線工事の成功につながります。

LANケーブルに注意

LANケーブルの配線も、オフィスの重要な配線工事の一つです。
LANケーブルの配線工事を行う場合は、電気配線と離して設置するように注意しましょう。
なぜなら、電気配線とLAN配線を並べて配線工事を行うと、お互いを妨害するリスクがあるからです。
電化製品を使おうとしたら、インターネットの速度が低下するなどのトラブルが起こりかねません。
また、ルーター周辺やデスクの下などは配線が複雑に絡まりがちです。
オフィス内が乱雑にならないよう、スッキリとまとめる配線工事を依頼しましょう。

アラ電気へご相談ください!


千葉県野田市に拠点をおく有限会社アラ電気は、一般電気工事や弱電工事などに取り組んでおります。
店舗や工場、ビルなど幅広い現場を対象としており、オフィスの配線工事もお任せいただけます。
インターホン工事や防犯カメラの設置などさまざまな工事に対応可能であるため、電気工事がご入用の際には有限会社アラ電気にお任せください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

有限会社アラ電気
〒270-0237 千葉県野田市中里34-2
TEL:04-7129-4308 FAX:04-7127-0471


関連記事

新年のご挨拶

新年のご挨拶

新年のご挨拶 新年、明けましておめでとうございます。 皆さまにおかれましては輝かしい新年をお迎えのこ …

新事務所(本社)が完成しました!

新事務所(本社)が完成しました!

新事務所(本社)が完成しました! 年末のご挨拶 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 早 …

業務内容のご紹介!

業務内容のご紹介!

こんにちは!有限会社アラ電気です。 弊社は千葉県野田市を拠点に活動している電気工事業者です。店舗・商 …

お問い合わせ  採用情報